2012/12/20

ジャン・コルティ 京都のヘアサロンLIFE / LIFE ADOREのオフィシャルブログです。  

ジャン・コルティ

ジャン・コルティ

ライフアドアの中村太一です四つ葉
パリのアコーディオンの巨匠スパーク2JEAN CORTIをご存知でしょうか!?
現在83歳のコルティ、今も超越されたテクニックでミュゼットやワルツを弾き、生き生きとした音色を奏でるアコーディオニストですメロディ
ジャン・コルティは1929年、北イタリアのベルガモに生まれ、3歳の時に一家と共にパリの西の郊外ナンテールに移住し、15歳で楽団アコーディオニストとしてデビューしました!
そして1953年コルティは有名なシャンソン歌手のジャック・ブレルと運命的な出会いを果たし、それから10年に渡ってブレルのアコーディオン伴奏者として活動します白人
しかし、70年80年代を追うにつれてアコーディオンは過去の楽器として廃れ半ば引退状態に。
90年代になるとラ・リシェールというジャズの独立レーベルが制作したアコーディオンセッション集「パリ・ミュゼット」リリースにより再びアコーディオンは若いジェネレーションを巻き込んで注目されますうれしい顔

Couka

その後コルティは1995年、若手オールタナティブ・シャンソンバンドとして人気があるレ・テット・レッドというバンドの名誉メンバーとして招かれますバニー
ジャック・ブレルのお気に入りのアコーディオニストは、30年後に再びシャンソンの最前線バンドのアコーディオニストとして復活したのです泣き笑い
年齢の差を超えたコラボレーションにより、なんと!!
2001年にコルティ72歳の時初のオリジナルアルバム「Couka」がリリースされましたびっくり
僕も10年前に購入し今も大好きなアルバムです親指サイン
Coukaはコルティのソロ演奏の曲と、レ・テット・レッドのギターのセルジュとドラムのリュリュとのトリオ演奏曲に、そしてジャズミュージシャンとのクアルテットによる曲が録音されています!
1曲目の「AMAZONE」と題されたクアルテット演奏の美しいワルツ曲に始まり、僕も大好きなシャンソンの名曲「LE TEMPS DE CERISES(さくらんぼの実る頃)」が収録されていて、とにかく素晴らしいアルバムです目がハート



曲を聴きながら、そっと目を閉じるとそこはまさにパリきらきら
あまりにも美しく、切なく哀愁漂う音色に惚れてしまいますてれてれ
フランスのシャンソンとアコーディオンの歴史を生きてきたジャン・コルティスパーク2
その深みのあるアコーディオンの音色お勧めですキャラ挙手
ぜひ聴いてみてくださいミツバチ

Readmore