2013/01/18

Patti Smith Vol.1 京都のヘアサロンLIFE / LIFE ADOREのオフィシャルブログです。  

Patti Smith Vol.1

Patti Smith Vol.1

ライフアドアの中村太一です四つ葉
1960年代後半、アメリカのアンダーグラウンドシーンで人気を得ていたMC5、ヴェルヴェット・アンダーグラウンド、イギー・ポップ&ザ・ストゥージズ、ニューヨーク・ドールズ、彼らを中心に影響を受けて生まれたニューヨーク・パンク!
後世への音楽的影響も大きく、70年代も素晴らしいアーティストが生まれますメロディ
ニューヨーク・パンクの女王と言われるパティ・スミスもそのひとり。
今回は「Patti Smith Vol.1」ということで2部にわたってパティ・スミスの人生を追っかけたいと思います白人
今まで名前や代表曲は知っていても深くは知らなかったのですが、先日パティ・スミスの「Gone Again」と「Peace And Noise」2枚のCDを購入し深く彼女の魅力にとりつかれました!
Patti Smithスパーク2
1946年12月30日シカゴ生まれ(ちなみに僕と誕生日が同じなんです)、現在66歳。
幼少の頃は虚弱体質で、7歳の時に猩紅熱にかかり、その後絶え間なく幻覚に襲われ彼女の心を押しつぶしそうになります。
その幻覚の恐怖は大人になっても失われず、彼女を苦しめ続けました。
しかし、ある時期から、それが彼女の作品に生かされ彼女独自の詩の世界を生み出す重要な鍵のひとつになっていったそうです!
そんな幼少の頃の最初のアイドルはローリング・ストーンズでした。
その後ボブ・ディランの歌と出会います。
ボブ・ディランこそ彼女に詩人としての道を歩むきっかけとなった人物なのですきらきら
そしてさらに彼女の人生を大きく変える一冊の詩集との出会い。
それはフランスが生んだ孤高の天才詩人、アルチュール・ランボーの詩集でした。
芸術の世界にのめり込み、彼女はアーティストとして生きる道を選択します!!

ボブ・ディラン

大学へ進んだ彼女は卒業を前に未婚の母となってしまいます。
育てる余裕は無く、健康上の問題もあり子供は里子に出し大学を中退。
その後、工場で働くようになりますが耐え切れず、一人ニューヨークへ飛び出していくのですダッシュ
ニューヨークで最初に出会ったのが、後にデビューアルバム「Horses」のジャケット写真を撮った写真家のロバート・メイプルソープでした!
彼との出会いにより多くのアーティストやミュージシャンに出会い、自分の創作活動に力が入っていきます。
1970年当時、アーティストたちにとってトレンド・スポットだったチェルシー・ホテルに彼女はメイプルソープと住み始めます。
数多くの天才作家、画家、詩人たちがここから歴史的作品を世に送り出したチェルシー・ホテルスパーク2
彼女もまたそのホテルでチャンスをつかむのですグー

Patti Smith

1971年2月12日、メイプルソープの紹介により詩人のジェラルド・マランガがパティを自分の朗読会の前座に抜擢します。
ついに彼女は詩人としての初の舞台、大きなチャンスが回ってきます!!
セントマークス教会で行われたその前座では、エレキギターによる伴奏を付け朗読するというスタイルを生み出したのですメロディ
1973年には彼女は自ら志願し、元祖パンク・バンドのひとつニューヨーク・ドールズの前座として舞台に立ちます。
この時、彼女はなんと伴奏無し、マイク無しで詩を朗読しました。
ドールズのファンは彼女のことなど知らない若者たちばかり、しかし、彼女のパフォーマンスは、初めて聞く観衆さえも感動させたのです!
パティから湧き出る詩の力、その存在感。その後の曲を聴いても神がかっているようなスピリチュアルを感じさせますきらきら
自分自身に正直に、そして真実を歌い、語り訴え続けるPatti Smithスパーク2
そしてパンクの女王として人生を歩み始めるのです。
「Patti Smith Vol.2」へつづく。。。

Readmore