2013/01/04

微生物学者 長沼毅 京都のヘアサロンLIFE / LIFE ADOREのオフィシャルブログです。  

微生物学者 長沼毅

微生物学者 長沼毅
ライフアドアの山本です花最近凄ーく気になるお方がいらっしゃるのですにこネコ
微生物学者 長沼毅(ながぬまたけし)先生ですきらきら
広島大学の准教授をされていて、テレビでは「科学界のインディージョーンズ」と呼ばれ、微生物研究の為に南極・北極・深海などへも行かれますむしめがね
年末に放送された「アナザースカイ」とい番組では、チリのアタカマ砂漠へ行って調査されていて、未知の世界にドキドキしました虹
物腰の柔らかな雰囲気からは想像も出来ないパッションの持ち主で、長沼先生のお話は、本当に興味深くて、切り口が面白いものばかりなんです八分音符
科学も微生物も詳しく無い私でも惹き付けられてしまいます四つ葉
中でも度肝を抜かれたのは、深海に済むチューブワームという生物のお話人差し指サイン
この生き物、硫黄が吹き出るような場所にも生息し、赤い血液を持ち、体調は大きなもので2メートル、びっくりな事に食事をしないらしいのですびっくり
何とも不思議な生き物ですね宇宙人
微生物学者 長沼毅
体内にたくさんの微生物を持ち、それが分解したものを栄養源に生きているのだそうですハーブ
それを「採取して、食べてみた」というから、更にびっくり泣き笑い
好奇心の固まりみたいな方です爆弾
「味はね~硫黄臭かったですね~」なんてにこやかな笑顔でおっしゃるので、ホントこの人ヤバい!!って、もう興味津々ですハート5
そんな長沼先生の座右の銘は『酔生夢死』だそうで、「酔ったように生きて、夢見るように死んで行く」のだそうです星3
素敵過ぎるスパーク2
研究と言う名の破天荒な行動と言い、もう長沼先生の大ファンになっちゃいました目がハートネコ
そんな長沼先生が先日、新書を発売されましたキャラ万歳
微生物学者 長沼毅
「宇宙で一番面白い、脳がしびれる科学の時間」地球
絶対面白いに決まってる星2
お正月休みに読もうと、以前に出されていた「どれだけの奇跡の果てに僕らはあるのか、生命には意味がある」と合わせて購入しましたかえる
読むのが楽しみで仕方が無いです上向きカーブ矢印
もう一つびっくりなのが、長沼先生は現在51歳だそうで、見えない目
やはり、若さの秘密は人生をアクティブに楽しまれている事にあるのでしょうか荒波
以前に、さくら剛さんの「感じる科学」をブログでご紹介させて頂いた事もあり、科学はとても興味深いものです富士山
2013年は、毛髪も科学をより深めて行こうかなと思っております花2

Readmore