2013/02/02

ポール・オースター「幽霊たち」 京都のヘアサロンLIFE / LIFE ADOREのオフィシャルブログです。  

ポール・オースター「幽霊たち」

ポール・オースター「幽霊たち」

ライフアドアの山本です花
お正月休みに姫路ショートトリップをした際に、一冊の本を持って行きましたりんご
朝、電車を待っている時から読み始め、車中や乗り換えのホームなど隙あらば本を開いて読んでいましたうさぎ
そしたらなんと、夜に京都に戻る頃には読み終わっていたのですキャラ万歳
読むのは速い方ではないので、こんなにも本の世界に引き込まれて読み進んでいたのかと、自分でびっくり星2その本は、ポール・オースター「幽霊たち」お化け
登場人物の名前がブルー、ブラック、ホワイト、ブラウンなど色で表されているのが特徴的で、物語は、私立探偵であるブルーが、ホワイトからブラックを見張るように依頼を受ける所から始まります鳥
「何か起こりそうで起こらない」単調な文章が最初のうちは続き、本の中でも単調な日々を過ごし、過去を思い返したり、ブラックに対して妄想を膨らませるブルーに何時しかシンクロし始めるような不思議な感覚を覚えながらも、電車の揺れも手伝って本の世界から眠りの世界へいつの間にかウトウト…眠い顔
しかし!
終盤さしかかる頃に物語は突如動き始めますダンス
こうなったらもう、読まずにいられなくなって、一気に読み進める事が出来ました四つ葉

ポール・オースター

ポール・オースターは、アメリカ文学を代表する作家なのだそうですが、私は知る由もなく、実は以前に常喜がお客様よりお勧め頂いた映画『SMOKE』の脚本家でもありますかえる
常喜にお勧め下さった方より私もこの小説をお勧め頂きました八分音符
『幽霊たち』なら本も分厚く無いので、取っ掛かりには良いだろうと言って頂いたので早速購入して読んでみたら、面白くって、もっと読みたくなりましたにこネコ
『幽霊たち』は、「ニューヨーク三部作」と言われ、他に『シティー・オブ・グラス』と『鍵のかかった部屋』と共にニューヨークを舞台にした作品として大きく評価されていますスパーク2

ポール・オースター

是非、こちらも読んでみたい!!
映画を通して、そこにまつわる人々へ世界が広がったり、周りの方に教えて頂いて世界が広がったり、まだまだ広げたい世界がいっぱいですきらきら
そう言えば、学生時代は観た映画は原作を買って、またその作者の作品を買いあさって読んだりしていたなと忘れかけていた事を思い出させても頂きました虹
教えて下さったS様、ありがとうございますてれてれ 

Readmore