2015/05/10

マルティン・グシンデ写真展 京都のヘアサロンLIFE / LIFE ADOREのオフィシャルブログです。  

マルティン・グシンデ写真展

マルティン・グシンデ写真展
ライフアドアの山本です花
以前に中村が書いておりましたKYOTOGRAPHIEへ、私も行って来ましたにこネコ
5月10日までという事で、慌てて4箇所回って来ましたダッシュ
一つは京都市役所前広場にて、マルティン・グシンデ写真展の「フエゴ諸島先住民の魂ーセルクナム族、ヤマナ族、カウェスカー族」四つ葉
20世紀初頭に撮影されたパタゴニアの先住民族で、絶滅した幻の民の貴重な残された写真ですスパーク
他の書物で、彼等民族の記事を読んだ事はあったのですが、儀式で精霊に扮した姿などは独特ですぴぃたろう
しかも、彼等の顔から日本人に近いDNAを感じる事が出来る、という点も遠くパタゴニアの地を思うと不思議で面白いかったですうれしい顔
そして、祇園新橋伝統的建造物は、お客様から「空間デザインとしても素敵でしたよ~きらきら」と教えて頂いたので、行って来ました星3
古民家に上がれば不思議のトリップ虹
フォスコ・マライーニの「海女の島:ルガノ文化博物館コレクション」水泳
1954年に能登半島の北方、舳倉島と御厨島で撮影された、海の中に溶け込むように生きる海女たちの姿を見る事が出来ましたやしのき
またこの建物、夏にはパスザバトンというセレクトショップがオープンするのだそうですよ光るハート
KYOTOGRAPHIE
すぐ近くのASPHODELでは、オリバー・ジーバーの「イマジナリー・クラブ」ダンス
若者のアイデンティティーとユースカルチャーに着目した、ポートレートの展示など人差し指サイン
奇抜なファッションやヘアスタイルに身を包む人々からは、強い意志を感じます炎
服も髪型もその人自身であり、文化であり、ルーツであり、存在意義だときりりネコ
私の仕事という視点からも、面白い展示でした八分音符
そして、一番見たかった村上重ビル地下のボードワン・ムアンダ「コンゴの紳士たち、サプールの美学」目がハートネコ
KYOTOGRAPHIE
以前にテレビでの特集を観てから気になっていた「サプール」太陽
貧しくとも給料の大半をお洒落につぎ込み、伊達ファッションを着こなす、コンゴの男たちウィンク
「貧しさに悲観的になっていてはいけないよ」というメッセージさえ感じますサボテン
彼等にはルールがあり、使う色は3色までかえる
格好だけでなく、道徳や非暴力などを尊重する立ち振る舞いの紳士さも求められるそうです勝ち誇り
歩く姿のタップまでもが、エンターテイメントで素晴らしい上向きカーブ矢印
もっと回りたかったのですが、今年はここまでほえーネコ
写真は、撮る方と撮られる方の魂のぶつかり合いによって生まれる化学反応なんだなと思いました打ち上げ花火
来年は、もっと観てみたくなりましたキャラ万歳

Readmore