2015/08/10

Blue in the Face 京都のヘアサロンLIFE / LIFE ADOREのオフィシャルブログです。  

Blue in the Face

Blue in the Face
LIFEの杉山ですサボテン今日は当店にあるCDの中から1枚ご紹介させていただこうと思いますうれしい顔
CDといいましても、現在はiTunesにストックされた音楽をかけているわけですが、今でも沢山のCD(ほとんどオーナー橘の私物ですが)がお店に置いてありますにこにこ
ご紹介させていただくBlue in the Faceは映画のサントラですが、こちらは僕の私物です星2
ブルックリンの街でタバコ屋を営むオーギー・レンと彼のもとにやって来る様々な人間が織りなす人情味溢れるヒューマンドラマ、名作映画「SMOKE」喫煙の姉妹的作品ですうっしっし
「SMOKE」の撮影後に短時間低予算でもう一本撮れないかということで出来上がった作品で、「SMOKE」とは対照的に即興的な演技が魅力の本作は、ブルックリンのドキュメント映像も挿入されていたりして、「SMOKE」とはまた違った面白さがあります八分音符
Blue in the Face
さてさてサントラですが、元トーキングヘッズのデヴィッド・バーンがプロデューサーとしてもクレジットされていて、曲も提供していますうれしい顔
他にもアルゼンチン・タンゴの巨匠、アストル・ピアソラや、映画のほうにも出演しているルー・リードが曲も提供していたりしますウィンク
NYパンクやオルタナティヴ・ロックの礎を築いて、アートシーンにも多大な影響を与えたルー・リードも2013年に71歳で亡くなってしまい残念ですが、映画に登場するルー・リードがまた最高の味を出していて必見です親指サイン
他にもいろいろなアーティストが参加していて音楽も多彩で、ブルックリンの雑多感や多彩な民族性を感じられる気がいたしますうれしい顔
CDの歌詞カードも、イラストとデザインが可愛らしいです人差し指サイン
Blue in the Face
実はこのCDは、LIFEにお世話になる前に、僕がボストン、NYに旅行に行った際に中古屋で購入した思い出の1枚ですきらきら
ちなみにウチの橘アニキは、流行りに流されない、人間味のある渋くて愛おしいお店(空間)での雰囲気を「SMOKE臭がする」とよく言っていますうっしっし

Readmore