2017/02/07

村田沙耶香 「コンビニ人間」 京都のヘアサロンLIFE / LIFE ADOREのオフィシャルブログです。  

村田沙耶香 「コンビニ人間」

村田沙耶香「コンビニ人間」
本好きをかたりながら去年はほとんど本を読まず反省しておりますライフの宮川です。
今年は読むぞ!と2016年の芥川賞を獲った作品として話題になった村田沙耶香 「コンビニ人間」を読みました。
面白いよ、と貸して頂いたのです。
確かに面白くて、1日であっという間に読んでしまいました。
芥川賞といえばなにかと話題になる事が多いもの。去年は又吉の「火花」が賞を獲った事で大盛り上がりでしたね。
村田沙耶香「コンビニ人間」
初めて知ったのですが芥川賞とは純文学の新人さんに与えられる賞なのだそうです。
なので歴代の皆さんも若い方が多く、この村田さんも36歳。
この本の主人公も36歳。18年間コンビニでアルバイトしています。
なんと、村田さんも作家となった今でもコンビニでバイトしているのだとか
なので自伝か??と憶測を呼んでいます。
村田沙耶香
幼い頃から周囲との違和感を感じ続けた主人公。
ところがコンビニでアルバイトを始めたらぴったりと世界の歯車に収まれた、そんな初めての感覚を味わいます。
そしてそのまま18年間滞りなくバイトを続けてきましたが、いつまでもコンビニバイトのままでいる主人公と周囲がまた不協和音をかもし出します。
その煩わしさを解消する為に主人公がとった行動とは…。
初めてこの作家さんの作品を読みましたが他の作品もなかなか衝撃的なものがあるようで…。
村田沙耶香 殺人出産
「殺人出産」という本の中の世界では、10人出産すると1人殺してもいいというルールがまかり通っているのです。
コンビニ人間の中でも、普通という事の恐ろしさがじわじわ書かれているのですが、この殺人出産でも世間一般の常識や体制という中で自分の価値観を揺さぶられ問われるような内容になっています。
なかなかに手強そうな作家さんですね。
作家さん仲間からはクレイジー沙耶香と呼ばれているのだとか。
確かに作品もかなり強烈な印象です。
これからの活躍がさらに楽しみですね!

Readmore