竹生島

竹生島

アドアの中村太一です四つ葉
先日行った箱館山ゆり園の後に、琵琶湖の北部にある竹生島にも行って来ましたボート
ブログでご紹介させて頂いた若水 WAKIMIZUさんで頂いた日本酒「竹生嶋」の由来となった島です八分音符
竹生島に行った次の日に偶然「竹生嶋」を作られている吉田酒造の吉田社長さんにお会いし、とてもびっくり!
ご縁を感じましたてれてれ
神の住む島といわれ、また琵琶湖八景のひとつで、昔から多くの人に親しまれてきた竹生島きらきら最近はパワースポットといわれとても人気がありますねうれしい顔
島の名前は「神の斎(いつく)住居(すまい)」を意味し、その中の「つくすまい」が「つくぶすま」と変じ「竹生島」になったそうです。
滋賀のびわ町出身の僕にとっては小さな頃からとても身近な存在で、いつも湖北の湖岸から見ていました。しかも竹生島の住所はびわ町なんです!(現長浜市)
同じ町内の島ですが僕は2度しかいったことがなく、前回は小学生の時でした。
ここ数年、竹生島に行きたいという想いがあり、今回、20年ぶりに行って来ましたてれてれ
今津港からフェリーで25分台風
クルージングもなかなか気持ちよく、徐々に近づいてくる竹生島に感動びっくり
上陸すると何ともいえない気持ち良さが漂い、すごいパワーを感じますスパーク2

竹生島

小さな波止場から祈りの階段と呼ばれる165段の石段を上がると、日本三大弁財天の一つ、宝厳寺があります。
竹生島には都久夫須麻神社もあり、お寺と神社が共存する島なんですきらきら

宝厳寺

参拝を終えたあと、続いて龍神拝所で「かわらけ投げ」をしてきました星3
2枚のかわらけ(素焼きの小さなお皿)を買い、1枚に名前を、もう1枚まいにお願いごとを書いて鳥居に向って投げ、鳥居をくぐるとお願いごとが叶うといわれています。
残念ながら僕はノーコントロールでキレイな放射線を描きながら琵琶湖に沈んでいきましたあせあせ
しかし、琵琶湖の龍神さまにきっと願いが通じたはず...
帰りのフェリーが来るまでの1時間少しの間でしたが、島は時間の流れがゆっくりしていて、夢の中のような、神々しい光に包まれ、心が浄化されるようでした泣き笑い
竹生島の神様、エネルギーを頂きありがとうございました光るハート
また行きたいと思いますキャラ挙手