山日記 その八 魚谷山

山日記 その八 魚谷山

ライフアドアの登山部 中村太一です四つ葉
山日記では比叡山以来ですが、「山日記 その八 魚谷山」ということで、お休みの日にスタッフ皆で、京都の北区にある魚谷山に登ってきましたキャラ挙手
魚谷山は、標高816メートルでライトな登山ができ、京都北山の静かな山です富士山
「京都北山」と名付けた生態学者、登山家の今西錦司、京都生まれで、日本初のヒマラヤ処女峰マナスル(8163メートル)登山計画の大推進者であり、70歳の時には、ヒマラヤ処女峰ヤルンカン(8505メートル)登山隊の総隊長を務めるなど、日本の登山史、探検史に刻まれる偉業を成し遂げた方で、そんな今西先生が愛した山でありますハート3

魚谷山

魚谷山のルートは、北区雲ヶ畑中津川の松尾谷出合スタート
右矢印1樋ノ水谷出合右矢印1滝谷峠分岐右矢印1柳谷峠右矢印1魚谷山頂上右矢印1魚谷峠右矢印1松尾谷出合ゴールです!
途中には北山で最も古い山小屋、麗杉荘があったり、今西錦司先生のレリーフがあったりと見所がありますうれしい顔
皆、久々の山登りだったのでテンションも上がりまくり上向きカーブ矢印
前日の雨は上がり、朝の優しい陽が射し皆の顔がきらきら輝いていましたきらきら
上りはずっと沢沿いを登っていくのですが、沢の流れる音とマイナスイオンですごくリフレッシュハーブ
ふと足元を見ると目
おぉ!!沢ガニさんですかに座
ハサミを広げ威嚇していましたが、小さくて可愛かったですてれてれ
皆ワイワイ話しながら危険な所は声を掛け合ったり、助け合ったりとチームワークもバッチリ親指サイン
スタートから2時間ほどで魚谷山登頂キャラ万歳キャラ万歳
頂上でお昼タイムゴハン1
常喜が朝からにぎってきてくれたおにぎりおにぎりとカップラーメンを頂きました八分音符
やっぱり山でのごはんは最高です上向きカーブ矢印
お腹もイッパイになり、さて下山開始ダッシュ
山頂から魚谷峠に出てT字路を南に下りて言ったのですが、あれあれ!?わたくしとしたことがルートを間違えた青ざめ
すみませ~んあせり
T字路まで戻りま~すとタイムロス下向きカーブ矢印
ようやく戻り正しいルートへ、しかし疲れてきたのでここでブレイクタイムカップ
山本が作ってきてくれたパンプキンの蒸しパンとコーヒーでホッとひと息入れゴールへと再出発ダッシュダッシュ
下りは長い林道をひたすら歩き、約6時間!
ついにゴール勝ち誇り
道を間違い少し焦りましたが、無事に下山できよかったですうっしっし
皆さまお疲れ様でした八分音符

魚谷山

紅葉も少しづつ色づきはじめ秋を感じ、山の美味しい空気と、緑に癒されとてもリフレッシュしましたキャラ挙手 
日本の登山史に名を連ねる登山家をはじめ、多くのエコロジストたちを輩出した「京都北山」きらきら
彼らのルーツ北山を歩くことで、日本登山史の一端に触れることができます!
魚谷山とても魅力的な山でしたミツバチ