LET’S ONDO AGAIN

沢山のCDを頂きました

ライフアドアの中村太一です四つ葉
先日お客様から訳あって沢山のCDを頂きましたうれしい顔
ニューウェーブやパンク、ジャズなどなど!
なんと15枚ほど頂いてしまって、これほど嬉しいことはないです泣き笑い
しかも、そのセレクトが激シブ!!
お客様の抜群のセンスの良さきらきら
こんなに沢山のCDをありがとうございますハート3
さて、その中からレアな一枚をご紹介しますキャラ挙手
大瀧詠一さんの別名義、Niagara’ Fallin’ Starsの「LET’S ONDO AGAIN」です八分音符
タイトル通り日本のソウルミュージック“音頭”とロック、ポップスが融合されたもので、大瀧さんの遊び心溢れるパロディ作品になっていますてれてれ
1978年にリリースされ、当時の流行曲を歌詞のパロディだけでなく、音頭のリズムにのせて曲のアレンジがされているのですが、聴き込めば聴き込むほどクオリティーの高さに驚かされますヘッドフォン

LET’S ONDO AGAIN

私は恥ずかしながら大瀧詠一さんというとはっぴいえんどの人というぐらいしか知らなかったのですが困り
LET’S ONDO AGAINを初めて聴いてそのイメージのギャップやユーモアと音楽センスの良さにビックリさせられましたくじら
大瀧さん、ナイアガラファンの方には何を言ってるの!?てな感じかもしれませんが、日本の音楽シーンに大きな影響を与える偉大なお方なんですね勝ち誇り
ちなみに、LET’S ONDO AGAINは第一期ナイアガラ・レーベルとして最後にリリースされたアルバムだそうです!
CDは1996年に再発盤としてリリースされましたCD

大瀧詠一

アルバム内容ですが、タイトルナンバーのLET’S ONDO AGAINはチャービー・チェッカーのLET’S Twist AGAINのパロディメロディ
ツイストの要素が完全に払拭された代わりに見事なまでのドゥワップ音頭にスパーク2
そしてピンクレディーという曲は文字通りピンクレディーのヒットナンバーのコラージュがてんこ盛りダッシュ
さらに、ダウンタウン・ブギウギ・バンドのスモーキン・ブギのパロディメロディ
禁煙音頭!
歌っているのはなんと!!デビュー前の鈴木雅之さんきらきら
そしてバックコーラスには山下達郎さんがびっくり
すごいっす上向きカーブ矢印上向きカーブ矢印
その他にも楽しいナンバーがいっぱい八分音符
こんなにも面白いアルバムは他にはない!!
パロディの傑作であります花丸
大瀧詠一さん恐れ入りました平謝り