SUICIDE

SUICIDE
説明を追加


ライフアドアの中村太一です四つ葉
お客様から頂いたCDの中から前回はNiagara’ Fallin’ Starsの「LET’S ONDO AGAIN」をブログにて紹介していましたが、今回はもう一枚人差し指サイン

ジャンルは180度変わり、70年代ニューヨーク・パンクの異端児「SUICIDE」を紹介します白人

SUICIDEはアラン・ベガ(ボーカル)マーティン・レヴ(シンセ&ドラムマシーン)の2人によって71年にニューヨークで結成されたユニットです八分音符
70年代に起こったNOWAVEシーンの先駆け的なアーティストともいわれ、アバンギャルドでエクスペリメンタルなサウンドは、その後のインダストリアルやエレクトロニック・ミュージックに多大な影響を与えたとか。
77年にリリースされた1stアルバム「Suicide」チープなリズムマシーンとキーボードによる執拗で強迫的な反復フレーズに、深いエコーをかけたベガのヴォーカルが重なる様子は、まるで「暗黒ディスコ」といった趣きがありますどくろ

American Supreme

2002年にリリースされた「American Supreme」も頂いたのですが、こちらは90年代以降のテクノ全盛期の作品から影響を感じさせますが、やはり独特の展開とリズムはSUICIDEらしい作品です勝ち誇り
SUICIDEといえばライブパフォーマンスが過激だったとか!!
痙攣ダンスを踊りながら絶叫するベガダッシュ
その手は鎖を振り回し、つぶやくように歌う姿はかなり怖いです青ざめ
なんと!Sonic Youthのサーストン・ムーアはパンク初体験ライブはSUICIDEだったそうびっくり
観客のドリンクの入ったコップを破壊し鎖を振り回して観客に顔を近づけて絶叫していたベガが怖くなり外にでたんだとかあせり
恐るべしベガショッキング

SUICIDE

1stアルバムは、その後のプログレやテクノのルーツとしても語られることがあるのですが、何より70年代のニューヨークの雰囲気を感じさせるところが魅力に思いますてれてれ
パンクシーンやアートシーンなど様々なアーティストが様々なスタイルで表現し、ニューヨークを拠点に活動していたその当時の面白さを感じました目がハート
では最後に1stアルバムから一曲きらきら「Ghost Rider」をどうぞキャラ挙手