WIRE 「SEND」

WIRE 「SEND」

ライフアドアの中村太一です四つ葉
お客様から頂いたCDの中から前回は70年代ニューヨークパンクの異端児「SUICIDE」を紹介していましたが、続いて今回は70年代ロンドンパンクの重要バンドWIRE 「SEND」ですキャラ挙手
不滅のポストパンク・レジェンドWIREスパーク2
1977年にデビューきらきら
パンクバンドとしては異色で、知的かつファンタスティックな要素を持ち「ロックじゃなければなんでもいい」と吐き捨て、その実験的音楽性や文学的な歌詞はUKパンクシーンだけではなく、その後の音楽シーンに多大なる影響を与えたとか!
30年以上のキャリアを持ち、そして今年の3月には新作「Change Becomes Us」がリリースされましたCD
平均年齢60歳を迎えようとしても尚活動を続けています炎

Change Becomes Us

WIREの2003年にリリースされた「Send」というアルバムをお客様から頂いたのですが、60歳近いオジ様達がかき鳴らす音とは思えないほどエッジが効いていて、パンクでミニマルでカッコよすぎ上向きカーブ矢印上向きカーブ矢印
ぶっ飛びました勝ち誇り
WIRE結成当初はメンバーのほとんどが楽器初心者だったとかびっくり
キャリアを積みスキルを得てきたとはいえ、彼らはテクニックを磨きうまいプレイヤーを目指すよりもWIREにしかできない音楽を追求してきたそう!!
そんなオジ様達のハードエッジなサウンドはカッコいいんです親指サイン

WIRE

2000年代ポストロック以降のどのロックバンドよりもロックでパンクなサウンドを聞かせてくれるWIREダッシュ
現役バリバリのパンクバンドでありますハート3
一度ライブも見てみたいですね八分音符
では最後にアルバム「Send」から一曲人差し指サイン「In the Art of Stopping」をどうぞきらきら