BLACK BOOK 蔵人独白

BLACK BOOK 蔵人独白

ライフアドアの中村太一です四つ葉
真木蔵人さんのエッセイ集 BLACK BOOK 蔵人独白。
先日、ボスから面白いから読むといいとお借りしましたうれしい顔
俳優、ヒップホップMC、プロサーファー、映像監督など多才にして多忙を極める真木蔵人さんの2008年に出版された初のエッセイ集きらきらBLACK BOOK!
読んでみて、これはマジでヤバい!!ヤバすぎる!!って感じでした勝ち誇り
日本や自然、生き方、時事ネタに切り込みながら語られるネイチャー感溢れる真木氏独自の哲学、そして何より独特な言語感覚がサイコーにグレイト親指サイン
例えるなら、ルー大柴氏の「ルー語」を更にアメリカンテイストにラッパー口調にしたような感じ!
でもそれだけに留まらない「何か」がありますバニー

BLACK BOOK 蔵人独白

BLACK BOOKはもとは月刊誌BUBKAに連載されていたコラム「蔵人独白」を編集しまとめたもので、その強烈な批判精神と絶妙なユーモアで人気を得て、ライターの吉田豪氏に「最強のコラムニスト」と言わしめたそういなずま
しかし真木氏のヤンチャっぷりがたまらないっすてれてれ
真木氏曰く、父のマイクの方がヤンチャだと語っていたのですが、マイク氏は息子が3才の時にバイクの乗りかたを教え、そして息子に最初に渡したものはなんと!!手製のナイフだったそうびっくり
使い方を間違うと危ないことを教える為だったとかあせあせ
ハンパないっすねきらきら
父から受け継いだ精神とヤンチャっぷり全開で自らのアイデンティティを確立し、世をぶった斬るその姿はまさにサムライ炎

BLACK BOOK 蔵人独白

とにかくキレ度抜群な「BLACK BOOK 蔵人独白」読んでいると「クロウド語」が伝染し、いつの間にか同じ口調になってしまう面白さがあります泣き笑い
内容も刺激的なので興味のある方はぜひ読んでみてください八分音符
ボスありがとうございました平謝り