FE/C. エフイーシーバックパック

FE/C. エフイーシーバックパック

LIFEの杉山です。梅雨の時期です。
でも毎日ずっと雨というわけでもなく、晴れてる日もそこそこありますね。
とはいえ、毎日自転車通勤の僕には雨は大敵でありまして、毎日持ち歩くバッグも防水効果が高いものが望ましいです。

ずっと使っていたメッセンジャーバッグも防水使用のものでしたが、古くなってきたので新しいバッグに新調しました。
FE/C. エフイーシーバックパックで、DRY LINE NO SEAM DAY PACK 35Lというモデルです。

FE/C. エフイーシーバックパック

FE/C. エフイーシーバックパック

専用の機械によって生地を超音波で張り合わせた、シームレス(無縫製)で防水性を高めています。
生地はコーデュラの500デニールというもので、ナイロンの約7倍の耐久度があるといわれています。
とても軽くて丈夫です。
そして特徴的なのはバッグのサイドについているバルブ。

FE/C. エフイーシーバックパック

FE/C. エフイーシーバックパック

これ、何のためについてるかといいますと、防水効果のあるバッグにこのバルブから空気を吹き込むことによって、水に浮いて中身を守ったり、浮き輪的な役割を果たすそうです。
しかし!止水ジッパーにより浸水性は高いものの、そこから空気が漏れて完全に密閉できないそうです。

FE/C. エフイーシーバックパック

別のタイプでトップの開け口がロールトップでジップロック式になっているものがあるのですが、そちらは完全に密封できるようで、バルブも意味を成すようです。
じゃあなんでこのモデルについとんねん!
ってことになりますが、まあ雨には十分強そうですしバルブの存在はこの際、気にしないことにしました。
ちなみに、新しい2020年のこのモデルにはバルブがついていないようです。
おいおい。
そんなわけで、雨が降っても元気に自転車通勤頑張ります。

FE/C. エフイーシー 公式サイト

FE/C. エフイーシーバックパック