2013/05/09

アンビエント・ドライヴァー 京都のヘアサロンLIFE / LIFE ADOREのオフィシャルブログです。  

アンビエント・ドライヴァー

アンビエント・ドライヴァー

細野晴臣さんが好きなのですてれてれ
以前もお店にあるCDで好きなのが細野さんが映画音楽を担当された「グーグーだって猫である」と紹介させてもらった事がありますうっしっし
なんと、こんな本がびっくり
細野晴臣 「アンビエント・ドライヴァー」
細野さんの著書です。こんなステキなものがあったのか目がハートネコと喜びいさんで読んじゃいました目
この本は二部に分かれていて初めは1995年から96年にかけて書かれたもの、そして2002年から06年にかけて書かれたもの。
間はあいているものの10年にわたって書かれたものなのです。
その二つは連載されている媒体も違うのですが一貫して書かれているような統一感があり、それが細野さんという人の写す影なのだと思いますスマイルフェイス
題名にもあるように2002年頃は細野さんがアンビエントという音楽の海にどっぷり浸かっていた頃なのだとか。
そして2002年頃はその海から上がり陸の生物としてまた試行錯誤を繰り返していた時期。
前半ではアンビエントとネイティブ・アメリカンの知恵が細野さんに与えたという恩恵を、そして後半ではその時期を経て更に大きな輪を描きながら広がる世界を感じる事が出来ます。

生意気

この本の装丁と挿画を担当しているのはデザインユニットの「生意気」。
ニュージーランド出身のディヴット・デュバル=スミスとイギリス出身のマイケル・フランクの二人からなるユニットで、こういったグラフィックデザインを主にしているそうですが、それ以外にも建築やインテリア、映像、音楽など幅広く活動されているそうリボン
細野さんが好き、と言いつつ細野さんの文章には触れた事がなかったので、ウキウキわくわくしながら読みましたダンス
そして読んで思った事がやっぱり細野さん大好き目がハートネコかわいいでした。
細野さんの楽曲も声も大好きなのですが、なかでも細野さんの書く詩の世界観が大好きなのです拍手
言葉をとても魅力的に操る方だと思っていたのですが、この本でも存分にその魅力を堪能させて頂きましたキャラ万歳
UFOを見た事や不思議な経験、聖地巡礼、そしてネイティブ・アメリカンの思想…私の好きな話ばかりなのでびっくりきらきらそしてもちろん、様々な音楽の話八分音符
音楽に詳しくない私でも楽しくて面白かったですメロディ
YMO時代の話もそこかしこに出てくるのですが細野さんの感じ方なども興味深いです。
色々な変遷を経て今なんだなあと。この本を読んでますます細野さんが好きになりました光るハート
お店には以前からボスの橘の細野さんのCDがたくさんありましたが、この本の中にもそれらが登場して触れられているのでその上で聴くとまた違った味わいも感じられて面白いです聞かざる

細野さんのCD

なんと、今年の春より京都精華大学に細野さんが客員教員として教えに来られているそうびっくり
この本の中でも京都は好きな街だと言っておられます。同じ京都に細野さんがおられるなんて…目がハート
細野さんの授業だなんて、精華大学の生徒さんがうらやましいです勝ち誇り
しかも他にもすごい先生方がたくさんダッシュ
どこかで細野さんにお会いできないかなあなんて妄想しております見ざる

Readmore