2014/09/06

裏銀座縦走 京都のヘアサロンLIFE / LIFE ADOREのオフィシャルブログです。  

裏銀座縦走

裏銀座縦走

こんにちは太陽アウトドア大好き常喜ですモヤイ像スパーク
今年の夏休み太陽アドアの先輩、中村さんも北アルプスに行ってられましたが、私も北アルプスに行ってきましたーキャラ挙手
今回行ってきたのは北アルプスの裏銀座縦走コースですキャラ挙手
裏銀座縦走コースとは、槍ヶ岳を目指す縦走コースで、10以上もの山頂を越えていく長距離の縦走コース人差し指サイン
おととしにも、槍ヶ岳には登ったのですが、その時は表銀座縦走コースというもので、それよりももっと時間と体力のいるコースなのです。
今回、雨こそ降らなかったのですが、天候と体調の様子を判断して惜しくも途中敗退してきましたかなしい顔
でも、とっても素晴らしい縦走コースだったので、ご紹介しますねキャラ挙手メロディ

一日目は京都から長野まで電車で移動電車
15時頃高瀬ダム到着だったので、その日は登山口まで行ってそのままテント泊しました。
二日目からが本格登山開始です太陽
深夜2時起床。朝ごはんを食べて、3時ごろ出発ですグー
北アルプスの三大急登であり日本三大急登でもあるブナ立ち尾根は、厳しい上り坂が4~5時間続く修行コースあせあせ
ひたすら長く続く急登を大きな荷物を持って登るのは大変でしたが、無事、烏帽子小屋にたどり着けましたキャラ万歳

裏銀座縦走

烏帽子小屋から烏帽子岳までは、とっても楽しいルートでしたきらきら
一枚目の写真に見えるのが、烏帽子岳人差し指サイン
岩がゴツゴツしていて、突き出ている姿がとてもかっこいいです。
稜線を歩き、少しずつ烏帽子岳に近づいている感じもドキドキして楽しいです。
稜線をしばらく歩くと山頂付近は岩場になっていて、クサリのついてあるところもありました。
そして、山頂キャラ万歳
山頂は岩の頭なので、とても狭く人一人立つぐらいのスペースしかなかったです。
今まで登った山頂の中でも一番狭いのではないかというぐらい狭く、ドキドキしましたハート3

烏帽子岳

烏帽子岳のあとは、野口五郎小屋まで気持ちの良い稜線歩ききらきら
この時はびっくりするぐらい天気がよく、青空が広がっていて楽しかったです。
やっぱり天気がいいのが一番ですよね太陽
二日目はコースの途中にテント場がないので、野口五郎小屋にて宿泊しました家
そして裏銀座縦走vol.2に続きます歩く人

Readmore