2014/11/25

ボストン美術館 華麗なるジャポニスム展 京都のヘアサロンLIFE / LIFE ADOREのオフィシャルブログです。  

ボストン美術館 華麗なるジャポニスム展

ボストン美術館 華麗なるジャポニスム展



ライフアドアの山本です花
芸術の秋ですアート
お客様より、京都市美術館で現在開催中の「ボストン美術館 華麗なるジャポニスム展」の招待チケットを頂き、とっても興味があったので行って参りましたキャラ万歳
ボストン美術館の所蔵品である絵画や版画や工芸など約150点もの美術品が展示されていましたきらきら

今回は、「ジャポニスム展」という事で、19世紀後半から20世紀初頭にかけて、日本の浮世絵や工芸の大胆な構図や色使いが、西洋の芸術家たちに影響を与え、「ジャポニスム」という現象が生まれました時代にクローズアップしての展示でした四つ葉
一番の見所は、やはりクロード・モネの「ラ・ジャポネーズ」という作品ではないでしょうか人差し指サイン

華麗なるジャポニスム展

およそ一年の修復を経て、色鮮やかに蘇った「ラ・ジャポネーズ」が、なんと、修復後世界初公開スパーク
モネと言えば睡蓮が有名ですが、こんなに色彩豊かな絵はまた違った雰囲気で見応えがありますうれしい顔
他にもドガ、ルノワール、ゴーギャン、ゴッホなども一同に見ることが出来ます花2
日本の浮世絵や版画と、それらからインスピレーションを受けた西洋の芸術家の作品が並べて展示されているのを見比べると、確かな影響を感じる事が出来、その中でも西洋の消えない要素が見えたりと、面白かったです八分音符
そして、やっぱり絵葉書買ったよね、私うっしっしネコ

紅葉と真っ赤な鳥居

美術館を出たら、紅葉と真っ赤な鳥居の組み合わせがとっても綺麗で、秋を更に感じる事が出来ましたはっぱ
「ボストン美術館 華麗なるジャポニスム展」は、今月の30日(日)まで開催されていますにこネコ
会期は残り僅かですが、芸術の秋のお出かけにいかがでしょうか太陽
そしてO様、チケットをありがとうございました平謝り
大変豊かな時間を過ごさせて頂きました虹

Readmore