石松ぎょうざ

石松ぎょうざ

ライフアドアの山本です。
エアーパークを満喫した我々は、浜松餃子の「石松ぎょうざ」に。
創業昭和28年に屋台から生まれた餃子屋さんであり、浜松餃子の元祖なのだそうです!

石松ぎょうざ

石松ぎょうざ

浜松餃子と言えば、イメージ的には円形焼きで真ん中にモヤシが添えられているというもの。
と言うのも、元々が屋台でフライパンを使って如何に効率良く沢山焼くかを考えられた結果のようです。

石松ぎょうざ

石松ぎょうざ

石松さんでは、15個以上注文すると円形焼きになります。
1日目の「かどや」さんの餃子で、浜松餃子の食べやすさに味を占めた我々は15個プラスαで注文致しました。
浜松餃子って、あっさりしていて何個でもいけちゃいそうです。

石松ぎょうざ

石松ぎょうざ

浜松餃子の特徴の一つのモヤシは、石松ぎょうざさんが発祥だそうで、外食が贅沢だった時代に見た目も味のうちだと試行錯誤して辿り着いたのがモヤシなのだそうです。

石松ぎょうざ

石松ぎょうざ

餃子のタレは餃子にもモヤシにもよく合うし、モヤシは餃子の味を邪魔しない!
シャキシャキとしたモヤシは、万能添え野菜ですね!
石松ぎょうざさんもキャベツと遠州豚のモチモチ餃子で、とっても美味しかったです!
餃子はオヤツも同然!
さぁ、次のお店へ食べに行きますよー♪


石松ぎょうざ