ブラックナイト衛星 Black Knight Satellite

ブラックナイト衛星 Black Knight Satellite

LIFE / LIFE ADOREのタチバナです。
今日に未だ解明されていない謎の物体、ブラックナイト衛星 Black Knight Satelliteについて。

1954年、アメリカ空軍が地球を周回する2つの衛星の存在を報告した事を、アメリカの新聞が掲載をした。
当時まだ人類は衛星の打ち上げに成功していなかった。

数年後の1957年に旧ソビエト連邦は人類初の人口衛星スプートニク1号を打ち上げに成功し、翌年1958年にはアメリカ合衆国はエクスプローラー1号の打ち上げに成功している。

スプートニク1号

1960年には改めてアメリカ海軍が、地球の周りを回転しながら周回する謎の物体を発見したと発表。
人工衛星の開発を旧ソ連に遅れをとっていたアメリカでは、当初その物体を旧ソ連の衛星かと噂されていたとか。
しかし旧ソ連や他の世界中の国からもその物体の所有を表明はされず、謎は深まるばかり。

エクスプローラー1号

外観が盾を黒く塗り潰した騎士に似ており、また黒騎士とは紋章を塗りつぶして出自を明らかにしていない騎士を指す言葉でもあり、この謎の物体は「ブラックナイト衛星 Black Knight Satellite」と呼ばれるようになった。

Black Knight Satellite

1973年にスコットランド人のSF作家ダンカン・ルナンは1920年頃から10年に及び、複数のアマチュア無線家により検出された謎の異常な電波信号の記録を解析成功し、信号は13000年前に月の近くから、うしかい座イプシロン星に向けてであると解明した。
この謎の電波信号はブラックナイト衛星から発信されたもので、この衛星は地球外生命に由来しているかもしれないとし、少なくとも13000年前から存在し地球を周回しているという仮説が成り立つとする。

1998年にNASAによる国際宇宙ステーション計画STS-88ミッションにおいて、ロシア共和国から基本機能モジュール「ザーリャ」を、アメリカ合衆国が受け取るというミッションが行われた際に撮影されたトップの画像が有名である。

しかし、これは船外活動の間に船体から外れてしまった熱ブランケットである可能性が高いという見解もある様ですが…おそらくそうだとは思いません。
宇宙開発に力を注いできた大国のアメリカやロシアが秘密裏に調査をしていそうだが、その調査内容は公表出来ない何かがあるのかもです…

ここまでの話は全て実話であり、近い将来にその全貌が明らかになるかもしれません…
UFO LOVERな私もその真相を知りたい一人で御座いますw

長めの動画ですが、ご興味がおありの方はドーゾ。