2018/11/25

aux armes et caetera 祖国の子供たちへ 京都のヘアサロンLIFE / LIFE ADOREのオフィシャルブログです。  

aux armes et caetera 祖国の子供たちへ

aux armes et caetera 祖国の子供たちへ

愛聴する一枚をご紹介。
1979年ジャマイカ・キングストンで制作されたセルジュ・ゲンズブールによるレゲエアルバム。
「aux armes et caetera 祖国の子供たちへ」
邦題はフライ・トゥ・ジャマイカ。

そのまんまw

aux armes et caetera 祖国の子供たちへ

スライ&ロビーがリズムセクション、ザ・アイスリーズがコーラス。
これだけで+プラス80点。

スライ&ロビー

ザ・アイスリーズ

ゲンズブールが歌うフランス語の音感に、録音地ジャマイカならではのタフな演奏のマッチングが不思議でいて気持ち良くクセになる。
DUB WISEな音は、詰め込み過ぎずスカリ加減がシブくてこれまた良い塩梅です。
曲によっては、LKJ先生のようなポエトリーリーディングぽい曲がまたそそられる。

aux armes et caetera 祖国の子供たちへ

話は逸れるがチュニジアとフランスのハーフ、Samia Farahのアルバムを聞いて思案しておりました。

Samia Farah

Samiaとゲンズブールの作品、それぞれのカラーの違いはありますが…
フレンチでレゲエやるって、野球盤の消える魔球を(各自確認願います)なげるぐらい反則かとw

エレガンスでいて原始的、まさにwicked!!
私的に超ストライクゾーンっす。

aux armes et caetera 祖国の子供たちへ

ゲンズブール先輩は女たらしのエロちょいワル親父風イメージがありますが、この「Aux Armes Et Caetera」には色々と物議をかもすエピソードなどが相当興味深いです。
残念ですが各自でググって下さいw

このアルバムに漂っているMOODが本当に好きだ。
これからも愛聴したいと思う。
ではではエトセトラ エトセトラ…

Readmore