三宅 純 / Trejeitos

三宅 純 / Trejeitos

三宅 純 / Trejeitos
Jun Miyake / Innocent Bossa in the mirror

LIFE / LIFE ADOREのタチバナです。
以前にもブログにてご紹介していた三宅 純さんがConsipio Recordsより2000年にリリースされていた「Innocent Bossa in the mirror」

タイトル名にもある様にBossaをモチーフに全10曲を収録し、The Rolling Stonesの「As Tears Go By」のカバーも収録。

しかしありきたりな単なるおしゃれなボサノヴァのアルバムでは無く、非常に研ぎ澄まされた作品に仕上がっています。
Produceは三宅氏とアート・リンゼイですが、一枚のアルバムとしても完成度が凄く高いと思います。

三宅 純 / Trejeitos

ライナーノーツに三宅氏も書かれていましたが、アート・リンゼイとヴィニシウス・カントゥアリアのアーティスティックな感性が今作を更に高い所へ導いているのを感じます。

三宅 純 / Trejeitos

Trejeitos」

クレジットには、
Jun Miyake (Piano, Flugelhorns, Samples)
Arto Lindsay (Chorus)
Vinicius Cantuaria (Acoustic Guitar,Percussion)
Masahiro Itami (Steel Strings Guitar)
Hitoshi Watanabe (Electric Bass)
Tomo Yamaguchi (Additional Percussion)
可愛い声のVocalはZeno Ishidaと書かれています。

三宅氏のサウンドメイクもオシャレなのですが、なんといっても愛らしいZeno君のVocalが微笑ましい。

Artoが書いたと思われる詩も面白くて、後半に彼のChorusというか、Vocalが入って来るところが特に好きです。

三宅 純 / Trejeitos

三宅 純 / Trejeitos

教えてよ、ものすごくいい秘密。

最後が切れていますが、この素敵な曲。
よろしければドーゾ。